推薦文(Shoshanah Riley)

私のダンスフィットネスの師匠であり、よき友でもあるShoshanah Riley(ショシャナ・ライリー)からのコメントを翻訳いたしました。ぜひご一読ください。

======================================

私は石川良美とともに教えた素晴らしい経験について、心からの、偽りのない暖かい気持ちを皆さんと分かち合いたいと思います。私の友達が、ダンスへの情熱 を他の人達と分かちあうという自分の夢を追求している(たとえ、それが地球の反対側であっても)ことを誇りに思います。

ヨシ(*石川良美のニックネーム)と私は2012年の秋、私がレベル・フィットネス(インディアナにあるZumba専門のフィットネススタジオ)で Zumbaを教えている時に知り合いました。私たちはすぐに知り合いになり、彼女は私のクラスにいつも参加してくれるようになりました。始めは、彼女を一 人の生徒として知っていました。しかしすぐにそれは変化しました。彼女は末の娘サエを初心者のキッズダンスのクラスに入れました。そしてその次の年には、 サエは競技チームに入り、長女のリホはレクリエーション・ヒップホップ(競技チームではない、趣味としてのヒップホップクラス)のクラスに参加しました。 そしてヨシはZumbaだけでなく、ダンス・フュージョンやヒップホップを習いダンスの経験を深めました。こうして私は彼女を生徒としてだけでなく、2人 の素晴らしいダンサーの保護者としても知るようになりました。

やがて、ヨシと私はクラスの後にブランチに行き、お互いのことをよく知るようになりました。真の友情が展開されたのです!ヨシが他のダンス・フュージョン の仲間を招いて日本食のブランチをごちそうしてくれた時のことを、私は忘れないでしょう。私たちは日本食についてとても多くのことを学びましたーそして食 べ過ぎてしまいました!またヨシは私が自宅で日本食を作れるように、日本食スーパーでの買い物を手伝ってくれました。

2014年6月、ヨシと家族は日本に帰国しました。彼らがインディアナを離れるのはとても悲しいことでしたが、世界の2つの地点にいても友情は続くと知っ てました!私のクラスは空っぽになったように感じました ― みんながヨシがいないのを寂しがりました。だから…私たちはクラスの時に短いビデオを撮っ て、彼女に送りました!彼女の場所をそのまま空けておきました!しかし私たちは彼女がいなくなってもなお、クラスで音楽を流している間、彼女のエネルギー とポジティブな魂をいつも感じていました。

私は、ヨシがショータイム・ダンス・カンパニー(ショーのダンススタジオ)のダンス・フュージョンのテクニックを日本で使うことに興味を持っていると聞い て、とても嬉しくなりました。彼女は音楽と振り付けを分析し、練習を続けました。そして私たちは新しい音楽/振り付けを交換し、彼女はメモを取って忘れな いようにしたのです!彼女は日本に戻ってすぐにZumbaのライセンスをとりました!!!彼女は週に8-9時間教えながら、目標を設定しました ― それ は私のダンス・フュージョンと彼女自身のスタイル/テクニックを、日本の人々に紹介する、というものでした。

ヨシと家族は今月インディアナに短期間の旅行を行いました。8月3・4日、彼女と私はダンス・フュージョンクラスを2つ、共同で教えました。それが皆さ ん…パズルが完成したのです!私は親友の一人と一緒に教えている間、これまで感じたことがない、いきいきとした、楽しい気持ちを感じていました。ヨシの才 能は今、解き放たれたのです!彼女はステージの上に立ち、ポジティブかつ力強いエネルギーで他の人をリードする運命にある人でした。私は微笑み、泣き、汗 を(たくさん!)かきました。私は笑い、後ろに下がって全てを把握することさえしました。ヨシ、私はあなたをとても誇りに思います!あなたは素晴らしいイ ンストラクターです。ついていくのが容易で、見ていて楽しく、やる気を起こさせます。あなたは私たちみんなにインスピレーションを与えてくれました。どう かあなたが愛することをやり続け、愛を持ってそれをやることに感謝してください。
私がいつも言っていることですが、彼らがどれだけ素晴らしいかを語ってください…彼らがどんな日々を送っているか知るよしもありません。私の友人であり姉 妹であるヨシ、あなたは皆の日々を少しでも明るくする特別な才能を持っています。あなたがあなたであることを心から感謝します!

愛をこめて、ショシャナ・ライリー (2015年8月9日)

コメントを残す

【神戸】ダンスフィットネスのサークル・プライベートレッスン